2012年03月04日

東日本大震災から1年〜NYからさまざまな支援活動

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。

東日本大震災が発生してからもうすぐ1年。
私たち一人一人、本当にいろいろなことを考え、想い、祈った1年だったのではないでしょうか。これからこの季節が巡ってくる度に、この気持ちに向き合い、生きる意味を問い、想いを新たにすることになるのでしょうか。

ニューヨークでも、さまざまな支援活動や関連イベントが行われています。そのひとつで、日本政府観光局(JNTO)が行ったキャンペーン「Japan. Thank you」が印象的でした。

東日本大震災では、世界各国から驚くほどたくさんの人々が日本をサポートしてくれたのですが、それに対する感謝の気持ち、そして「また日本を訪問してほしい」という想いが込められたキャンペーン。タイムズスクエアの看板に一斉に桜の花が咲き、感謝のイメージが現れました!
cafeblo030312.jpg


さて、私の方も、微力ながらさまざまな活動をしていますので、この場を借りて、ご紹介させていただこうと思います。

東日本大震災が起こったのは、昨年、ロサンゼルスで開催された「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ」の視察・調査に行った初日のことでした。その日のこと、その後しばらくのこと、今でもまるで昨日のことのように思い出します。

「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ」とは世界最大規模の、オーガニック、ナチュラル、健康、エコ関係の展示会ですが、東日本大震災直後から、この展示会で日本企業を支援するプロジェクト開始して、ライフワークのように取り組んでいます。

●『日本企業ディレクトリDiscover Japan』
3月8日〜11日にかけて、また同展示会が開催されますが、東日本大震災から1年というタイミングで、「海外で活躍する日本企業が一丸となって協力しあい、日本全体の活性化に貢献したい」という想いで、『日本企業ディレクトリDiscover Japan』を作成、配布することになりました。

今回、日本関連企業は約40社出展していますが、世界各国から2,000社もの企業が集いますが、どこに日本関連企業がいて、どんなプロダクトがあるか、一覧できる便利なものです。世界各国から6万人にも及ぶ来場者に、日本企業ブースにたくさん訪れてもらえるツールだと思います

詳細


●食と健康のスペシャリストと廻る現地視察セミナーで、「がんばろう日本特別価格」提供
また、日本企業向けに米国の自然・健康市場の最新動向を解説するセミナーで、講師を務めさせていただくことになりましたが、それも、できるだけたくさんの人に参加していただくために「がんばろう日本特別価格」を設定させていただきました。

この展示会には、日本から視察者が多く訪れます。視察希望のお問い合わせもいただきますが、日本企業が元気に再生している証拠…と、大変うれしく思っています。

詳細

●日本が元気になる記事
私は、日米の媒体に食や健康に関するさまざまな記事を執筆していますが、この1年は、常に「日本が元気になる記事」を心がけて書いてきました。
米国では、ほとんど風評被害がないばかりか「日本がんばれ!」というムードにあふれています。日本の「安心・安全・信頼」ブランドも健在です。

過去の執筆実績






posted by Aya Ota at 13:03| Comment(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。