2012年03月26日

春になると眠い訳

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。

今冬のニューヨークは歴史的な暖冬でしたが、春の訪れも早く…。
ニューヨークには桜に似た「マメナシ」という花がありますが(写真)、1週間ほど前から一気に咲き乱れ、すでに新芽もちらほら見え始めるほどです。
cafeblo032512.jpg


ニューヨークにも桜の木がありますが、すでにピークを越えてしまいました。
東京より早いですね!?

すっかり春になった気分ですが、油断ならないのがニューヨークの天気。

まるで初夏のように暑くなり、タンクトップとビーチサンダルの人が街中にあふれたかと思えば、いきなり気温が氷点下に下がり、ダウンジャケットとロングブーツを着なくてはいけなかったり……という具合で、アップダウンの激しい日々が続いています。


さて、「春眠暁を覚えず…」と言いますが、なぜ春になるとこんなに眠いのでしょうか!? 

それにはちゃ〜んと理由があって、「春になると新陳代謝が活発になるから」なのです。

血液が体のすみずみまで行き渡り、皮膚や髪を新しく作り替えたり、食欲が増進し血液が胃腸に集まり消化吸収活動をするため、結果として脳に血液が行かずエネルギー不足になり、眠くなってしまいます

眠くて仕方ないときは、ビタミンB1を多く含む食品を意識して食べるよう心がけてください。

ビタミンB1は玄米、ぬか、蕎麦、ナッツ、豆類などに多く含まれています。精製していない食べ物(全粒粉や黒砂糖など)を意識して取るといいですね。動物性食材では豚肉やウナギに多く含まれます。

ビタミンB1は、糖質を効率よくブドウ糖に分解し、エネルギーに変える課程で不可欠な栄養素。特に、脳のエネルギー源はブドウ糖だけですので、ビタミンB1が不足すると、すぐに眠くなってしまう…という訳です。

しかも、ビタミンB1は水溶性で、体に蓄積されないので、コンスタントに摂取することが大事です。

新陳代謝が活発になる以外にも、いくつか理由が考えられます。

アメリカでは、2週間前から夏時間(Daylight Saving Time)も始まり、一気に日が長くなりました。
活動時間が長くなることも、疲労や睡眠不足につながります

ニューヨークのように気候のアップダウンが激しい場合は、身体が順応しようとして、エネルギーを消耗しているんだと思います。

日本の場合は、進学や就職、転勤なども多い時期ですよね。年度の変わり目で忙しくしている人も多いでしょう。こうした生活のリズムの変化で、忙しくて睡眠不足になったり、ストレスで寝付きが悪くなったり熟睡できなかったりすることも関係するのでしょう。


<お知らせ>
期間限定でホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得に800ドルのディスカウントをご提供しています。
3月26日(月)から29日(木)までに、弊社のご紹介で登録した方が対象です。
この機会をお見逃しなく
posted by Aya Ota at 13:03| Comment(7) | ライフスタイル | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。