2012年08月14日

街角のこぢんまり可愛いファーマーズ・マーケット

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。

このコラムでもよく登場するファーマーズ・マーケット。

ニューヨーク近郊の農家や生産者が集まる市場です。

地元産で旬の農作物が集まるので、スーパーのように季節感のない野菜や果実は並びません。

いつ行っても楽しいのですが、特に今は、太陽をいっぱい浴びて育ったトマトやズッキーニ、ピーチやアプリコットなどの果物、生命力あふれる作物がたくさん並んでいて、行くだけでエネルギーをもらえる気がします。

さて、このファーマーズ・マーケット、「より新鮮で栄養価に優れた地元食材を、直接消費者に届ける機会を作る」「地域の農家や生産者をサポートする」という、ふたつのミッションを掲げてスタートしたのが1976年。

当時はたった12軒の農家で始まったそうですが、現在では、230軒の農家や生産者が参加し、54カ所も開催されるまでに成長しました。

アメリカ国内では最も大きいネットワークがあり、商品のバリエーションも最も多いそうです。

野菜や果物だけでなく、魚、肉、卵、チーズ、ワイン、パン、スナック、花、蜂蜜、ジャム、羊毛、ハーブ製品……などなど。珍しいところでは、ダチョウ関連グッズ店でダチョウの卵や肉、オイルなどを売っています。

中でも、ユニオン・スクエアで週4日開催されるファーマーズ・マーケットがニューヨーク最大規模で、私の御用達でもあるのですが、今日紹介するのは、街角にこぢんまりと登場する可愛い市場。

これは週に1度、2軒の農家と1軒のパン屋で構成される市場です。
cafeblo081312a.jpg


近所の教会前の小さい広場にあるのですが、ちょうど、ユニオン・スクエアの市場がない日に合わせて開催されているので、結構重宝しています。


こんな、かわいらしい手書きの看板につられて、つい、いろいろなものを買ってしまいます(笑)。ちなみにオクラは、日本野菜っぽいですが、アフリカ原産の野菜。英語でも「オクラ」と呼ばれますが、綴りは「Okra」です。
cafeblo081312b.jpg


ニューヨークの健康問題は深刻さを増しています。

このように、いつでも身近に野菜や果物を入手できるようにするのは、自治体の健康政策の一環でもあるんです。

この前、「涼しくなるメロンの冷製スープ」のレシピを紹介しましたが、また、夏の果物や野菜を使ったレシピをご紹介したいと思います。


【お知らせ】
●ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得に奨学金!
弊社のご紹介で奨学金や特典をご提供しています。
ホリスティック・ヘルスの教科書的な本もプレゼントしています。
詳細はこちら

●ニューヨーク&ナチュラル・プロダクツ・エキスポ視察ツアー
カフェグローブ読者に割引も。
ニューヨークの健康&自然業界のトレンドを余すところなくお伝えするツアー。
日程はフレキシブルに6日間、8日間のコースがあります。
詳細はこちら

●米国自然&健康市場 最新業界動向レポート
100ページに渡りビジネスのヒントが満載!
食、健康、環境、美容、ライフスタイル関連業界の方、必携のバイブルです。
詳細はこちら
posted by Aya Ota at 10:08| Comment(1) | お気に入りの場所 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。