2009年04月01日

作り置きしておくと便利!ジンジャー・ハニー

blog040109a.jpg4月になり、最近のニューヨークはだいぶ春らしくなってきました。

でも、陽射しが暖かく感じるのでうっかり薄着で出かけると、まだまだ寒い日も多く…。私も、ちょっと油断してしまい、風邪を引きかけてしまいました。何となく周囲に「風邪を引いた」と言っている人も多い気がします。

そんなときに私が用意している特効薬は「ジンジャー・ハニー(生姜蜂蜜)」です。

生姜に蜂蜜を混ぜるだけの、みなさんもよくご存知のレシピだと思いますが、「作り置きしておく」のがポイントです。

だいたい、風邪を引きかけているときは、だるくて、いちいち生姜をすりおろす気分じゃないですよね。しかも、生姜って、うっかり放置してキッチンの片隅でミイラになっていたりしますよね(笑)。

ひきかけた風邪はジンジャー・ハニーをとって、暖かくしてゆっくり休養すれば、本格的に悪くなる前に回復します。風邪以外にも、体が冷えたときや、小腹が空いたときにも重宝します。

レシピ…と言うほどのレシピではないのですが(苦笑)、作り方のご紹介です。

●材料
生姜、蜂蜜(それぞれ適量)

●作り方
生姜を細切りにしてビンに入れます。
ビンに入れた生姜にかぶるくらいまで蜂蜜を入れます。小一時間もすると生姜から水分が出てきて、ヒタヒタとした液体状になりますので、そうなったら完成です。

●コツ・工夫
私は、ふだんから食べ物はなるべく丸ごと食べることを意識しているので、オーガニックの生姜を使います。ちょっと固いところを取り除くくらいで、皮をむかずに細切りにします。もちろん、液体だけでなく、生姜ごと食べてしまいます。

生姜は細切りじゃなくても、ブレンダーで細かくしても、すりおろしてもいいです。ブレンダーで細かくすると、ドロリとしたジャム状になります。この方が生姜を丸ごと摂取しやすいかもしれないですね。

●保存
冷蔵庫に入れておけば、1〜2カ月は大丈夫です。液体ばかり先に使ってしまって、生姜が液体から顔を出してしまうと、そこからカビてしまうこともありますので、バランスよく使うか、液体が減ったら蜂蜜を足しておくといいと思います。

●栄養・効能
生姜は殺菌作用抜群。他にも、体を温める、免疫力を高める、解熱、鎮痛、解毒など、いろいろな効果があるので積極的に取りたい食材です。
蜂蜜も栄養たっぷりで、殺菌作用や、便秘や下痢など整腸作用、動脈硬化や高血圧、不眠や精神不安にも効きます。

●使い方
紅茶は殺菌作用があるので、紅茶に入れると効果倍増!
ただし、紅茶はカフェインが多いので、夜遅くにたくさん飲むと、眠れなくなることもありますので、ご注意。
そのままお湯に溶いてもいいし、お水で割って冷たくして飲んでも美味しいです。

今度、このジンジャー・ハニーを使った特製チャイやスイーツの作り方もご紹介したいと思います。そうそう、そう言えば、前に紹介したニンジンのパルプを使ったマフィンにも、このジンジャー・ハニーを使っています。
ラベル:レシピ
posted by Aya Ota at 10:00| レシピ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。