2009年04月20日

アジアン・テイストのベジタリアン『GOBO-food for the five senses』

blog041809a.jpgニューヨークは歴史的な不況に直面し(ニューヨークに限らず、全世界的にそうだと思いますが)、どの業界も大打撃を受けていますが、その中でも教育と健康分野だけは、順調な伸びを見せているそうです。

今日は、そんな健康を意識した元気なお店のひとつ、『GOBO-food for the five senses』をご紹介します。

お店の名前は仏教用語の「五傍」と野菜の「ゴボウ」が由来。『food for the five senses』というキャッチコピーにも表れている通り、五感を刺激し、第六感を感じてもらえるようなお店作りを心がけているとか。アジアンテイストをふんだんに取り入れた店内も居心地抜群。

禅の精進料理で修業を積んだシェフが、ストイックになりがちなベジタリアン料理に「楽しむ」という要素を加え、ベジタリアン料理とは思えない料理がずらりと並びます。盛りつけもとてもおしゃれで洗練されています。

大豆やグルテンを使って肉や魚に似せた食材のあれこれは、「え、これって肉じゃないんだ」って、分かっていても素直にビックリします。

素材もできるだけオーガニックやナチュラルにこだわっているそうです。ただ、炒め物や揚げ物が多く、味付けもちょっぴり濃いめかな?という気がします。

そういう意味では、「ものすごくヘルシー!」というわけではないですが、「ベジタリアン料理でもここまでできる!」という可能性を楽しませてくれるお店です。

目の前で果物や野菜を絞ってくれるフレッシュ・ジュースバーもおすすめです。


■GOBO
www.goborestaurant.com
West Village店
401 Avenue of the Americas (Between Waverly Place & 8th Street)
TEL 212-255-3902
地図

Upper East Side店
1426 Third Avenue(Cross Street 81st Street)
TEL: 212.288.4686
地図

私はWest Village店の雰囲気の方が好きです。。。
タグ:レストラン
posted by Aya Ota at 10:00| レストラン&カフェ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。