2010年01月05日

ニューヨークで純和風のお正月

blog010410.jpgいよいよ2010年の幕開けですね。
ちょっと遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

アメリカには「三が日」というものがないのですね。
1月1日だけは祝日としてお休みなのですが、1月2日から通常通り仕事がはじまりますが、今年は幸い、1月2日と3日が週末にかぶりましたので、何となく「三が日」モードをゆっくり味わうことができました。
(日本のみなさんは、せっかくの三が日が週末にかぶってお休みが減ってしまったのかもしれませんね〜)


私は大晦日には「ニューヨーク本願寺に除夜の鐘をつきに行く」という毎年恒例になっている行事があります。静かに瞑想をして、住職さんのお経を聞きながら、1年を振り返ります。そして、除夜の鐘をつきます(※この釣り鐘は釣ってあるタイプではなく、お椀のように置いてあるタイプなので、"つく"というより、"叩く"という感じなのですが)。

そして元旦には、これまた毎年恒例なのですが、神道ファンデーションという国連にも認可されている神社で初詣。

もちろん、大晦日には年越し蕎麦、元旦にはお雑煮を食べました。


カウントダウンで華やかな年明けもいいですが、静かで厳かな新年の雰囲気もよいものです。今年はニューヨークにいながらにして、実に和風の神聖な新年を迎えました。

今年もみなさんにとって健康で幸せな1年になりますように。
2010年もどうぞよろしくお願いいたします。

※写真は元旦のセントラル・パーク付近です。初詣の後、五番街でホリデー最後の雰囲気を味わいながら散策しました〜。


■参考
ニューヨーク本願寺
www.newyorkbuddhistchurch.org

神道ファンデーション
www.shinto.org
posted by Aya Ota at 02:03| お知らせ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。