2010年07月02日

ここは一体、どこの森の中でしょう?

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。

この写真を見て、「一体、どこの森の中だろう?」って思いませんか?
緑が生い茂り、朝日を受けてキラキラ光る湖…。

cafeblo070110.jpg


実はこれ、セントラル・パークなんです。
しかも、公園の中ではなく、交通量の多い道路から見える風景です。
南東の角、Turtle Pond(亀池?)の辺りです。

セントラル・パークは約150年前にマンハッタンのど真ん中に建設された人工の公園ですが、人工とは思えないほど豊かな自然に恵まれた場所も多く、まさに都会のオアシス。

今度紹介しますが、セントラル・パークでは、なんと山菜やキノコ狩りもできるんですよ〜!

実は、週末、ホリスティック・ヘルスの学校の仕事に出かけるときに、うっかり一駅行き過ぎてしまったのですが(苦笑)、おかげで、こんなすばらしい風景に出会えてラッキーでした。

「地下鉄で20分の場所に、こんな自然にあふれた場所があるなんて」…と、このすばらしい場所を150年前に作ってくれた人たちに感謝です。

自然に触れる…というのは、心の浄化にとても大切なこと

実際に木に触れたり、裸足で土の上を歩いたりすると、体にたまった悪いエネルギーが抜けていき、良いエネルギーが入ってくるような気がします。

このブログのタイトルに使用している画像もセントラル・パークですが、休日になると、こんな感じで、ピクニックをしたり、日焼けしたり、リラックスして楽しむ人びとであふれます。
posted by Aya Ota at 01:07| Comment(1) | お気に入りの場所 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上を歩いたりすると、体にたまった悪いエネルギーが抜けていき、良いエネルギーが入ってくるような
Posted by patek philippe replica at 2014年10月24日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。