2010年07月12日

It is nice to be bad.(悪いことをしましょう!?)

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。

「悪いことをしましょう!」…こんなことを教える学校があるなんて。

私がホリスティック・ヘルス・コーチになるべく行った学校では、「Be Bad!(悪いことしよう!)」っていう講義があるのです。

つまりこれは、「いつもイイ子ちゃんでいるとストレスがたまりますよ。時には、肩の力を抜いて、(犯罪にならない程度の)悪いことして、気晴らししましょう!」ってことなんですね。

この前のスタッフ業務のときのこと。

スタッフのリーダーが率先して「みんなで仕事をちょっと早めに抜けて、チョコレート・スフレを食べに行こう!」って言い出したんです。確かに、その時間は、ゲストスピーカーが延々と講義をしていて、私たちは忙しくない時間だったのです。

私は日本人としては超マジメって程でもなく、まぁ、日本人の平均的なマジメ度だと思うんですが、さすがにそれは「えええ!?」って感じでした。

でも、これって、私だから躊躇するんじゃなくって、たいていの日本人は躊躇するんじゃないかと思うんですね。

「Are you serious? (ホントに?マジで?)」と慌てる私。

「I am not kidding! Let's go! You are always too serious!(もちろん!ジョークじゃないよ。行こう。あやはいつもマジメ過ぎる)」とリーダー。

さらに「いつも僕たちがんばってるから、チョコレート・セラピーが必要だ」と(苦笑)。

結局、みんなで抜け出して、チョコレート・スフレを食べながら、おしゃべり。確かに講義にも生徒さんにも全く支障なし。
(最終的には、学校の了解も得て、早く切り上げたのですが)

「うーん、こういう遊び感覚って、日本人には足りないなあ」と実感する出来事でした。

It is nice to be bad!(ただし、sometimes)…ですね。

(参考)スタッフ仲間たちが「ベスト・チョコレート・スフレ」と絶賛するのは「Bouchon Bakery」のものです。スフレは、確かに、他のケーキに比べたらちょっぴりヘルシー…ですね。
cafeblo071110.jpg


Bouchon Bakery New York
Ten Columbus Circle, Third Floor
New York, NY 10019
Phone: 212.823.9366
www.bouchonbakery.com
posted by Aya Ota at 12:07| Comment(0) | セオリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。