2010年09月10日

心の解毒!〜10日間で100時間の瞑想体験(その3)

ニューヨーク在住ホリスティック・ヘルス・コーチの太田あやです。

※この記事は「心の解毒!10日間で100時間の瞑想体験その1)/ その2」の続きですので、前の記事から読んでくださいね!

「瞑想法」には、マントラを唱えたり、イメージを思い浮かべたり、呼吸に集中したり…と、いろんな種類があるのですが、このヴィパッサナー瞑想は、ただひたすらに「自分を見つめる、体に起きている感覚を見つめる」というものです。

マントラやイメージがある方が瞑想しやすい分、このヴィパッサナー瞑想は大変なんですが、その分、より純粋なのではないかと思います。

体に痛みや不快感といった「感覚」が出てくることは、心の中の不浄なものが体の表面に浮かび上がってきて消えていく…という過程なのだそうです。

なので私は、痛みや不快感があるときは「これで心がきれいになっていく!」と喜んで、静かに耐えました(※コース期間中、写真を撮れなかったので、下記はイメージ写真です)
cafeblo091410.jpg


また、この10日間のコースでは、朝4時半から夜8時まで10時間の瞑想を終えた後に、約1時間半の「講話」の時間があります。

この講話は世界各国の言語が用意されているので、私はより深く理解するために日本語版を聞きました。

一日の瞑想で体は疲れ切っているので、1時間半の講話は長く感じるのですが、これが本当にためになる話ばかり。

悩み、苦しみ、怒り、悲しみ、妬み、嫌悪…といった感情やストレスはなぜ生まれてくるのか。そして、そういった感情に対して、どう対処していったらいいのか、フィジカルで(体を使った)実践的な方法を教えてくれます。

仕事、家庭や恋愛などの人間関係、お金、健康…などなど、人生にはずーっとストレスがつきまといます。もちろん、楽しいこともたくさんありますが、どんな人にも、それなりのストレスやコンプレックスはあると思います。

楽しく幸せな人生を送っていた人が、ある日突然、身近な人が亡くなったり、事故にあったり、リストラされたり…と、不幸のどん底に突き落とされることだってあります。

それらのストレスやネガティブな感情が起きる原因はなくなることはありませんが、この瞑想法を続けていけば、それらを静かに受け止めて、調和のある平穏な心が保ち、悩みのない人生が送れるのではないか…と思いました。

最終日には、これから「朝夕2回、各1時間の瞑想をするように」と言われます。

「え!1日2時間も!」とビックリしたのですが、この瞑想を続けていると、睡眠時間がだんだん深く短くなり、意識がとぎすまされて集中力も高まってくるので、とても効率よく仕事や日常生活をこなすことができるようになるそうです。

また「人生は、1日に2時間も瞑想しないと調和が保てないほど、苦悩に満ちているのか」と感じましたが、実際に、特に現代社会ではそうなのかもしれません。

私はこの瞑想について予備知識もほとんどなく、単に「10日間ひたすら瞑想するセンターがある」ということに興味を惹かれて参加したので、まさか「煩悩や苦悩のない境地(涅槃や解脱)を目指して1日2時間瞑想する」…という厳しい修行の道(?)に足を踏み入れることになるとは、思ってもみませんでした(苦笑)。

でも。2500年もの伝統があり、世界中に広がりつつある瞑想法なのですから、素直に教えに従って、(できる限り)1日2時間座ってみようと思っています。

講話の中で、「このヴィパッサナーに出会えた人は、これまでよい行いをしてきたからだ」という話があります。

世の中にはヴィパッサナーという言葉すら耳にしない人も多い中、このブログを読んでいただいている方も、よい行いをしているということなのでしょう!(いつも読んでいただいてありがとうございます)。

この瞑想を学ぶには、10日間のコースに参加する必要があります。
到着日と解散日を入れると、12日必要です。
12日間もの時間を作るのは、なかなか大変なことですが、本当に意義があることだと思います。

私は「もっと前にこの瞑想に出会っていれば、こんなに苦悩を味わうことはなかったのでは」なんて思ったくらいです。でも、きっと、その人にとってベストなタイミングで巡ってくるものなのではないかと思います。

まだまだ始めたばかりなので、雑念だらけでうまくできないことも多いし、実感や効果はハッキリ感じられませんが、これからの人生を「生きていく技」を教えてくれたこの瞑想法に出会えたことに感謝です。

★U.S. Frontline10月20日号に「ストレスと解毒」という特集を執筆しています。今回の瞑想についても触れる予定です。乞うご期待!
これまでの執筆実績
posted by Aya Ota at 00:09| Comment(2) | 心のクレンズ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

私もヴィパッサナー体験者です。「心の解毒!〜10日間で100時間の瞑想体験」を読んで、とても懐かしくなり、思わずメールしてしまいました。

私は10年前に一度、10日間コースを体験し、その後3回ほど3日間コースに参加しただけですが、今でもあの10日間が私の人生のターニングポイントだったんだろうな、と思います。「もっと前にこの瞑想に出会っていれば、こんなに苦悩を味わうことはなかったのでは」という言葉、私もコース終了後、全く同じことを思いました。

日常生活の中の瞑想が普通の掃除なら、ヴィパッサナーの10日間コースは人生最大の大掃除ですよね。私は4日目に強烈な夢を見て、目が覚めたとたん号泣してしまいました。声を出してはいけないので、布団をかぶって泣いたのを今でもよく覚えています。つらかったけど、今でも誰かに瞑想のことを聞かれたら、必ず「ヴィパッサナーは今まで自分のためにしたことの中で一番すばらしいことだった」と話しているくらいヴィパッサナーに出会えたことに感謝しています。

長くなってしまいましたが...

「心の解毒!〜10日間で100時間の瞑想体験」を読みながら、懐かしさをおぼえると同時に、体の中にきれいな水が流れるような清清しい気持ちになりました。これからもたくさん良い記事を書いてくださいね。

それでは、また!
のりこ
Posted by のりこ at 2010年09月18日 15:09
どうせだったら、クラタス使ってボトムズ実写化でもしてくんねえかな・・・
Posted by interlining sewing at 2014年01月17日 19:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。