2010年12月22日

罪悪感なく食べられる(!?)クッキーのレシピ

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。

ニューヨークでは、ホリデーシーズンもクライマックス!
日本でも、忘年会にクリスマスにお正月に…と、暴飲暴食が気になる季節ですね。

今日は、こういう時にピッタリのヘルシー・クッキーのレシピをご紹介します。

なんと卵やバター・牛乳など動物性食材を一切使っていないヴィーガンで、脂肪分も砂糖もゼロ
小麦粉も使っていないので小麦粉アレルギーやグルテン不耐性の方にも安心です。


パーティーにお呼ばれしたときや、友人・家族・恋人へのちょっとしたプレゼントにも喜ばれると思います。
cafeblo122110.jpg


●材料
- フラックス・シード(すりつぶしたもの) 小さじ1(1tsp) →注1
- 水 大さじ2(2tbsp)
- オーツ麦粉(Oats Flour) 1カップ →注2
- カシャ(Kasha) 1カップ →注3
- アガベ・ネクター 1/4カップ →注4
- レーズン 1/2カップ
- バナナ(よく熟れたものをピューレ状につぶしておく) 1本
- ベーキング・ソーダ 小さじ1/2 (1/2tsp)
- ベーキング・パウダー 小さじ1/2 (1/2tsp)
- 塩 小さじ1/2 (1/2tsp)
- シナモン 小さじ1 (1tsp)
- クローブ 少々
- レモン汁 小さじ1/2 (1/2tsp)
- バニラ・エッセンス小さじ1/2 (1/2tsp)

●作り方
1.最初にフラックス・シードは水に入れてふやかしておきます。少しするととろみが出てきます。

2.材料全部を混ぜて、1のフラックス・シードも入れます。
シナモン、クローブ、レモン汁、バニラ・エッセンスはアクセントなので、なければ入れなくても大丈夫です。

3.180°C(350〜375°F)に熱したオーブンで約15分焼きます。周りがうっすら茶色になったら焼き上がりです。

ここで、日本ではあまり馴染みのない健康食材をご紹介します!

注1:フラックス・シード
日本語で言うと「亜麻」なのですが、オメガ3脂肪酸や繊維たっぷりで、高コレステロールや高血圧、便秘や肌荒れなどにもよく効く、古代からメディカル・ハーブとして利用されていたものです。固くてツルツルしたゴマ…という感じで、ブレンダーやコーヒーミルなどですりつぶして、サラダやシリアル、スムージーなどに入れて使います。
水に入れてふやかすととろみが出るので、ヴィーガン料理では、卵の代わりにつなぎとしてよく使われます
(私は帰国するときによくお土産に買っていく食材です!)

(参考商品紹介)
生活の木 フラックスシード(亜麻) 1kg生活の木 フラックスシード(亜麻) 1kg


注2:オーツ麦粉
アメリカでは朝食に「オートミール」というオーツ麦を押しつぶしたものを牛乳などで似たお粥状のものを食べますが、このオーツ麦を粉にしたものです。玄米と比較しても、繊維や鉄分、カルシウムが豊富です。オーツ麦粉の代わりに、普通の小麦粉を使ってもOKです。

(参考商品紹介)
有機 全粒オートミール 大袋567g 栄養豊富☆朝食やパン粉がわりに!有機 全粒オートミール 大袋567g 栄養豊富☆朝食やパン粉がわりに!

by G-Tools

※オート麦の粉が入手できない場合、ブレンダーフードプロセッサーで粉にすることもできます!

注3:カシャ
これもあまり日本では見かけない食材ですが、要は「煎った蕎麦の実」で、西ヨーロッパの方でよく食べられる食材です。とても香ばしくて、クッキーに入れると、クリスピーな食感が加わります。蕎麦も、生活習慣病予防などさまざまな薬効が知られていますよね。
もし入手しにくかったら、オート・ミールを入れてもOKです。その場合、オーツ麦粉とオート・ミールだと変化に乏しいので、小麦粉とオート・ミールの組み合わせの方が無難かもしれませんね。

(参考商品紹介)
そばの実【500g】(抜き蕎麦・むきそば・蕎麦米)北海道産そばの実【500g】(抜き蕎麦・むきそば・蕎麦米)北海道産




注4:アガベ・ネクター

これは、前にパンプキン・ブレッドのレシピをご紹介したときにも使った、健康によいとされている甘味料です。入手しにくかったら、メープル・シロップでも大丈夫です。香りやコクはメープルの方がいいかもしれません。

(参考商品紹介)
有機アガベーシロップ くせの無い優しい甘さ 超低GI! 体に優しい甘味料♪有機アガベーシロップ くせの無い優しい甘さ 超低GI! 体に優しい甘味料♪




バターや植物性オイルなどは一切入っていないのですが、ピューレ状のバナナやアガベ・ネクターが入っているので、しっとり仕上がり、ノン・ファットとは思えません。

バナナやレーズンをたっぷり入れたので、甘味料を抑えられるので、よりヘルシーですね。バナナは皮が茶色くなるくらい完熟したものの方が甘みが強く、しかも、免疫力を高める作用があります

オーツ麦粉や蕎麦の実(Kasha)など穀物がしっかり入っているので満足感があります。朝食や昼食の代わりにもなるボリュームです。

こういうクッキーだと、罪悪感少なく食べられるのがうれしいですね(笑)!
ぜひ試してみてください〜。


●食材・グッズ紹介サイト
私がこの連載で紹介する(+紹介する予定の)グッズや食材は、日本人には馴染みの少ないものや、特に日本では一般的なお店で入手しにくいものが多いので、商品紹介・アフィリエイトするサイトをご用意しました。購入もできますが、商品の詳細が分かりますので、役立ててくださいね!
こちらをご覧ください

●おすすめグッズ
フラックスシードをはじめスパイスなどは、細かく砕くと酸化が進みますので、粉末状になっているものより、できるだけ粒のまま購入して、こまめにすりつぶす方がいいです。
このブレンダーは、私がニューヨークに住んで心から「買ってよかった!」と思うツールです。スムージーを作るとき、スープやピューレなどクリーム状のものを作るとき、ゴマやフラックスシードを細かくするとき…など、いろんな場面に活躍します!
B002LSJ1CMブラウン ハンドブレンダー マルチクイック プロフェッショナル MR5550MFP



posted by Aya Ota at 05:12| Comment(1) | 簡単ヘルシークッキング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえず、主人公が特攻して死亡ってパターンと敵味方双方全滅して新たな命が地上に!
っ的なパターンのエンディングだけは勘弁してくれ!
Posted by Vilene Interlining China at 2014年01月17日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。