2011年05月11日

思わず使いたくなる!ニューヨークのエコ製品&サービス

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。

日本では原発問題を機に、ますます自然エネルギーや省エネ推進の動きが活発になっているようですね。東日本大震災は本当に大きな被害をもたらしましたが、私たちが大きくシフトし、変化するためのきっかけなのかもしれませんね…。

さて、今回も先週に引き続きニューヨークのエコの話題です。
思わず使ってみたくなる製品やサービスをふたつご紹介たいと思います。


ニューヨークの環境問題への取り組みは著しく、目に見えて変わっていく様子が分かるのですが、そのひとつが、ニューヨークの顔でもあるイエロー・キャブ。

なんと日産自動車のワンボックス車が、ニューヨークのタクシー次世代車種選考「Taxi of Tomorrow」に選ばれたのです。2013年から順次導入され、その後10年は、ニューヨークの顔として、街中を走ることになるんだそうです。
cafeblo051011a.jpg


選考された基準は、これまで以上に安全で快適で燃費がよいこと
大きなスライドドアで、車内もゆったり、荷物もたっぷり詰めて、ルーフがガラスになっているので、観光にもぴったり。騒音も少ないそうなので、住民にもうれしい車ですね。
2年にも及ぶ選考で選ばれたのだそうです。しかも、独占!
ニューヨークを走るタクシーはいろいろな車種がありますが、独占ってすごいですよね(ちょっと議論を呼んでいるようですが)。

環境問題のためには電車やバスなどの公共交通機関の方がよいのですけど(もちろん、徒歩や自転車はもっとよいですが)、こんなタクシーなら、ぜひ乗ってみたくなりますね。
日本の経済活性化にもつながる、うれしい話題です


そしてもうひとつ紹介したいのが、最近、郵便局で見つけた切手「Go Green Stamp」。16枚綴りになっていて、ひとつひとつに環境問題を改善するアイデアが書かれているのです。

アメリカらしいアイデアもありますので、全て紹介してみたいと思います。
cafeblo051011b.jpg


・Buy Local Produce/Reuse Bags(地元産の農産物を買おう。バッグは再利用しよう)
これは、私もよく書く話題ですが、地元産の農産物を買うことは、輸送にかかる燃料の節約になります。輸送時間が短ければ、それだけ新鮮で栄養価が高く、味もよい…ということにもなります。


Fix Water Leaks(水漏れを直そう)
Insulate the Home(熱や冷気を遮断しよう)
「水漏れを直そう」という項目があること自体、ちょっと笑えます。そんなに水漏れがあるんだ…ということですね(笑)。「熱や冷気を遮断」も笑えます。確かに、ニューヨークの建物は古いせいか(?)、すきま風が入ってくるんです。


Turn off Lights Not in Use(使っていない電気は消そう)
Use Efficient Light Bulbs(省エネ型電球を使おう)
Adjust the Thermostat(温度調節しよう)
気候に合わせてエアコンや暖房の温度を調節しよう…ということですが、こんなの当たり前みたいな気がしますが、面倒くさがりなアメリカ人は、いつも同じ温度にしているんでしょうか(苦笑)。


Share Ride(車の相乗りをしよう)
Use Public Transportation(公共交通機関を使おう)
Ride a Bike(自転車に乗ろう)
Choose to Walk(歩こう)
乗り物に関するアイデアが多いのは、さすが車社会・アメリカっぽいですね。
自転車や徒歩は環境だけでなく、健康問題も改善できますので、ニューヨークでは特に力を入れています。

Compost(コンポストしよう)

Recycle More(もっとリサイクルしよう)

Plant Trees(木を植えよう)
木だけでなく、窓際のハーブだけでもいいので、何か育ててみるのはよいことですよね。

Let Nature Do the Work(自然の力を利用しよう)
洗濯物を乾燥機にかけたりせず、やっぱり太陽の力を利用する方がエコですよね。

Reduce Our Environmental Footprint USA Step by Step(エコロジカル・フットプリントを減らそう)
「Footprint」は最近よく聞かれるようになりましたが、もともとは「足跡」の意味です。「Environmental Footprint」とは、人間活動が環境に与える負荷を、資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値のことです。簡単に言うと「地球温暖化を食い止めよう」という感じでしょうか。


cafeblo051011c.jpgGo Green Stamp」のウェブサイトでは、一枚ずつ見ることができます。イラストが可愛いので、ぜひチェックしてみてください。

こんな可愛い切手、なんだかいろんな人にカードを送りたくなりますね!しかも、この切手で送る度に、環境問題を改善するアイデアも送れる…なんて、アメリカの郵便局もなかなか粋なアイデアを考えますね。

カードや手紙ってやっぱりうれしいものですよね。そういった人の温かさや絆を感じられるものは残していきたいですが、例えば、電気代や電話料金の請求書・領収書などは、どんどんオンラインに切り替えられています。ちょっとしたことですが、とても大事な一歩ですよね。

posted by Aya Ota at 12:05| Comment(0) | ライフスタイル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。