2011年05月31日

自然との調和、そしてサステナブルな社会

ホリスティック・ヘルス・コーチの太田あやです。

日本は例年より早く梅雨入りしているそうですね。
九州・沖縄地方にも早くも台風が来たとか…。
東日本大震災で大きな打撃を受け、復興に向けて進んでいる今、台風などの新たな災害が起こらないことを祈っています。

さて、ニューヨークには夏が来ました。
5月の最終月曜日はメモリアルデーという祝日なのですが、この日を境に暦の上で夏になるのですが、不思議なことに、本当にこの週末を境に、きっちりと夏のような気候に、変わります。冬が永いニューヨークでは、夏を心待ちにしている人が多いからでしょうか。その気持ちが通じるのか、この週末は、私が覚えている限り、天候が崩れたことがありません。

…ですが、実は今はハワイ島に来ています。
ニューヨークは急に真夏みたいなので、ハワイの方が涼しくて気持ちがいいです(笑)。

ハワイ島は、島全体がパワースポットのような島。熱帯雨林から、サバンナ、活火山や、雪が積もる山まで、地球のすべてがここにあると言われるほど、凝縮した島です。

ハワイでは、森羅万象すべてのものに神が宿っていると考え、さまざまな神に祈りや踊りを捧げ、いたるところに神殿や祭壇を作りました。自然の恵みも神からの授かりものと考え大切に扱い、すべてはまた自然にかえす…という、エコな発想で暮らしが成り立ってきています。
cafeblo053111a.jpg

これは…日本の伝統的な考え方にも共通するものですよね。

ところが、高度に発展した現代社会の中で、私たちは、そういった精神を忘れてしまっていたのか、おざなりにしてきてしまったのかもしれません。

東日本大震災では多くの尊い命が亡くなり、たくさんの方が被災し、今でも多くの人が大変な生活を強いられています。原発問題では、食の安全性に不安を感じたり、エネルギー不足で停電に備えたり…と、さらに多くの人の生活に影響を与えています。

でも、それは、私たち日本人にとっては、忘れてしまっていたかもしれない自然との調和、サステナブル(持続可能)な社会について、考えさせてくれました。

そして、それは世界中に影響を与えていくのだと思います。

ハワイ島初日に泊まったところは、徹底して、自然との調和やグリーン・リビング(エコな生活)を徹底して実践しているところです。風力・太陽発電で電力を作り、自家菜園で作った野菜たっぷりの食事、浴室備え付けの石けん類は全てオーガニック…という具合です。

無駄な電気は付けないので、夜は真っ暗、松の木が風にそよぐ音と波の音しか聞こえません。

ハワイ島については改めて番外編としてまとめたいと思っていますが、私自身、大都会ニューヨークで忘れてしまった本来のあるべき姿について、考える旅にしたいと思っています。楽しみにしていてください!
posted by Aya Ota at 12:05| Comment(1) | 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして ハワイ島Fumikoさんのブログで拝見しました
ハワイ島レポート 楽しみにしています

滞在先のケアウホウのコンド 12月に私がステイした所と
同じでした☆
Posted by lealea K at 2011年06月07日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。