2011年07月31日

大切な大切な友人の死〜病気が教えてくれること

数日前(日本時間7月27日朝)、私の大切な大切な友人、朝子さんが亡くなりました。

朝子さんは、私と同じホリスティック・ヘルスの学校を卒業した、ホリスティック・ヘルス・カウンセラー仲間です。私が、その学校でスタッフとして働いているときに、朝子さんが生徒さんとしてやってきたのが、出会いのきっかけでした。

(…でも実は、私の大学時代の級友が、朝子さんと朝子さんのご主人のキューピッドという深いご縁があり、友人の家で、結婚する前の朝子さんとご主人に会っていた…という事実が後から判明したのですが)

朝子さんは、2008年6月に乳ガンと診断されました。

骨への転移も確認され「Stage4(末期)」と宣告されました。西洋医学的には「uncurable」、つまり「治療不可能」という診断だったそうです。

それ以来、朝子さんは、食事・栄養理論や古今東西の代替医療を学び、あらゆるホリスティックなアプローチを試みる中、その選択肢のひとつとして、この学校で学んでみようと思ったのだと思います。

朝子さんは、お世辞ではなく、私の周囲にいる誰よりも健康で幸せそうで、いつもキラキラしていて、そんな重病を抱えているようには見えませんでした。ご自身でも「人生の中で、今が一番健康だと思う」と笑っていたほどでした。

彼女は、自分のガンと共存しながらも、その経験や知識で、さまざまな病気や症状を抱えるクライアントさんに、カウンセリングを行ってきました。病気を忘れてしまうほど元気だった彼女に甘えて、私も、さまざまな悩みを相談し、支えてもらいました。

このブログにも書いた「10日間瞑想体験」をはじめ、さまざまなセラピーや代替医療を一緒に体験したり、ワークショップやセミナーに出かけたり、勉強会を開いたり、ご飯食べながらおしゃべりしたり…と、本当にかけがえのない友人でした。


彼女自身もそうであったように、私も、彼女のガンは治ると信じていました。

しかし、ご主人のお仕事のご都合で昨年末に日本に帰国した後、今年に入ってガンが進行していることが判明。脳や肺、肝臓などへの転移も見られ、放射線治療なども試みましたが、数日前、天国に召されました。

朝子さんの言葉で印象に残っているのは「ガンになってよかった」です

「病気になったおかげで、ホリスティック医学を知って、人間の体や健康について違う次元で考えることもできた。たくさんのすばらしい人に出会うこともできた。そして、今度はホリスティック・ヘルス・カウンセラーという仕事に出会い、人を助けることもできる」…って、本当に明るく爽やかに言うんです。

病気は、本当にいろんなことを教えてくれます

「それまでの生き方、食べ方、暮らし方を続けていては、今まで使ってきた体や心ではやっていけないから、何かを変える必要があるんだよ」…ということを、病気が教えてくれるのだと思います。

本当に体調が悪いときは、そんなことを考える余裕はないと思うのですが、だんだんよくなってくると、病気から学ぶことが多いのに気づくのかもしれません。

私自身も、自分が体調を崩しボロボロになった経験がなければ、今の仕事に出会うこともなかったのです。
                     
病気だけでなく、仕事や人間関係のストレスなども、その渦中にいるときには「どうしてこんなに苦しいんだろう、なんでこんなに悲しいんだろう」と考えてしまうものですが、乗り越えてみると、自分が成長していたり、強くなっていたり、学んでいたりするものなのかもしれません。

朝子さんの訃報を聞いて以来、動揺して取り乱して、共通の友人に電話しては、泣いてばかりいます。この記事も泣きながら書いています。しばらくは泣いてばかりかもしれませんが、近いうちに、ちゃんと立ち直ります。

朝子さんが亡くなる前に近くにいてくれた友人によると、朝子さんは、自分の死を冷静に受け止めて、安らかで穏やかで、最期までとっても素敵だったそうです。天寿を全うし、健やかな死を迎えたそうです。

「朝子さんの意志を継ぐ…」という大げさなものではないですし、そんな自信もないのですが、今、自分がやっている食や健康の仕事を淡々と続けていこうと思っています。そして、朝子さんが伝えたかったこと、私に教えてくれたことを、多くの人に伝えていきたいと思います。


最近は、番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』」をつづっているのですが、今日は特別にこの話題を書かせていただきました。朝子さん、本当にありがとう。ひたむきで謙虚でいつも笑顔の朝子さんが、大好きでした。
posted by Aya Ota at 05:07| Comment(1) | 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ザンボット3をよろしく!
人間爆弾見たいわ
Posted by replica chanel handbags at 2014年01月17日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。