2012年09月02日

来年春、ニューヨークに自転車シェアリングが登場!

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。

来年3月、いよいよニューヨークにも「自転車シェアリング」が登場します。

「自転車シェアリング」とはヨーロッパを中心に拡大している仕組み。

地域内に、自転車ステーションが複数存在し、好きなときに好きなステーションで、自転車を借りたり返したりできるサービスです。

今年1月にロンドン・パリへ視察に出かけたとき、パリで自転車シェアリングを使ってみましたが、本当に便利で楽しかったです! 

アメリカでもワシントンD.C.やボストン(マサチューセッツ州)、アナハイム(カリフォルニア州)など、たくさんの都市で導入されているほか、大学構内などで導入されています。

日本でも導入実験が行われるなど、事業化の動きがあるようですね。


ニューヨークでは空前の自転車ブーム

「自転車専用レーンが大幅に増設されて、通勤や通学に自転車を活用する人が倍増」…という話題は、過去にもご紹介しましたが、駐輪場や治安の問題などがあり、自転車を持てない人も多く(私もそのひとりです)、この「自転車シェアリング」は、市民にも待ち望まれているシステム。

写真はファーマーズ・マーケットから。自転車で買い物に来る姿も増えています。
blog090212a.jpg


実は、ニューヨークの「自転車シェアリング」は、この夏に登場予定だったのですが、システムのトラブルが原因で遅延になったのです…残念!

しかし、来春ようやく、7000台の自転車と420カ所のステーションを備えたシステムが開始される予定です。

その後、1万台の自転車、600カ所のステーションへ拡大していくそうです。


さて、このニューヨークの「自転車シェアリング」は、シティバンクがスポンサーとなり、4,100万ドルの資金提供をして導入されます。その名も「シティバイク(CitiBike)」。

市民の税金は一切使われていないにも関わらず、導入後、ニューヨーク市に収益の一部が落ちる仕組みなんだそう。

料金は「1年間で95ドル」「1週間25ドル」「1日9.95ドル」…といったプランがあります。

地下鉄&バスだと、「30日間無制限104ドル」「1週間無制限が29ドル」という料金ですので、自転車はとっても経済的ですよね。

…と、ニューヨーク市の財政にとっても市民のお財布にとっても、魅力的なシステム

でも、「シティバンクのロゴが大々的についた自転車を乗り回すのは、今ひとつ、おしゃれじゃないなあ」…という気がします。

自転車ステーションもシティバンクの前などに設置されるのかもしれないですね〜。

まぁ、逆を言えば、シティバンクは本当に目の付け所がよいなぁと感心しています。

こんなイメージになるようです。
blog090212b.jpg


環境問題にも貢献し、市民の健康改善にもつながり、経済的にも魅力的な「自転車シェアリング」。観光でニューヨークに来る方にも楽しく利用してもらえそう。ぜひ来春、スムーズな導入を期待しています。

ニューヨークはますますサステナブルな都市になっていきますね。


【過去の関連記事】
ニューヨークで大ブーム!環境+健康+お財布にいい自転車
ニューヨークの街をジムとして活用しよう!
肥満は社会や政府の責任!?
アメリカなりの環境問題対策・「Daylight Saving Time」
地球とカラダのために選ぶ水
思わず使いたくなるエコ製品・エコサービス
思わず使いたくなるエコ製品・エコサービス



【お知らせ】
●「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ東海岸」視察ツアー
参加希望者のリクエストにお応えして「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ」をじっくり解説するプランが登場しました!
詳細はこちら

●9月2日発売の『日経ヘルス』に米国健康事情をレポート
米国で注目されている健康食事療法について執筆しました。
実践的で分かりやすい内容です、ぜひご覧ください!
詳細はこちら

●ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得に最大1500ドルの奨学金!
9月3日までにお申込みの方に!「奨学金1500ドル」または「奨学金1000ドル+最新ipad」をご提供しています。今回間に合わなくても、今後、奨学金の機会があればご連絡いたします。
ホリスティック・ヘルスの教科書的な本もプレゼントしています。
詳細はこちら

●米国自然&健康市場 最新業界動向レポート
100ページに渡りビジネスのヒントが満載!
食、健康、環境、美容、ライフスタイル関連業界の方、必携のバイブルです。
詳細はこちら
posted by Aya Ota at 12:09| Comment(2) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。ニュー・ヨークでは既に導入されていると思っていました。2010年7月に導入されたロンドンでは既に、日常の風景。ドッキング・ステイションも着実に増えています。銀行がスポンサーというのも同じですね。
 アメリカ仕様だと、日本人には大きい車体になるかもしれないですね。
Posted by 守屋 at 2012年09月02日 16:09
googleIMEですら恐々使ってるのに百度とか。
Posted by fake chanel handbags at 2013年12月29日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。