2011年09月27日

<取材協力先リスト>ハワイ島のパワーパーソンたち

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。

番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』の締めくくりとして、今回の旅で取材協力してくれたハワイの「パワー・パーソン」たちを紹介します。すばらしい出会いに感謝です!

cafeblo092711j.jpgハワイ州観光局
www.gohawaii.com/jp(日本語)
www.gohawaii.com(英語)
ハワイ島に限らず、総合的な情報が掲載されているので旅の前にチェックしたい。特に観光のプロたちが厳選した「ハワイ50選」(www.gohawaii.jp/50sen)は秀逸。これまで知らなかったハワイの魅力を発見できる。

cafeblo092711c.jpgハワイ島パワースポット大巡礼の旅
www.hawaii88.com
ポロル渓谷、カメハメハ大王像、アカカ渓谷、黒砂ビーチなど、ガイド歴10年のポハク西田さんが厳選したパワースポットを、約12時間かけて回るツアー。ハイライトは、ハレマウマウ火口とカラパナ溶岩ハイク。「女神ペレの住むハレマウマウ火口では、自由に素直に生きられるパワーをもらえます。本当の自分と出会う神秘の島です」と西田さん。

cafeblo092711d.jpgブルー・ハワイアン・ヘリコプターズ
www.bluehawaiian.aloha-breeze.com
活発な活動を続ける噴火口、切り立った断崖絶壁を流れる1000メートル級の滝など、空からしか見ることのできない景色を味わえる。日本人パイロット・望月トシさんが操縦するヘリをリクエストすると、よりダイナミック&ドラマチックな演出が、日本語の解説つきで楽しめる。「お客様の笑顔が燃料です」とトシさん。

cafeblo092711h.jpgハワイ島マサシのネイチャースクール
www.minshuku.us
標高4205メートルのマウナケア山頂から神秘的な夕陽と星を見せてくれたのが、このツアー。ガイドは山本茂さん。2500回以上マウナケアに登っているというベテランだ。溶岩洞窟のある土地にログハウスを建て、ハワイ島特産の食材を100%自家発電エネルギーで料理するという「グリーン・リビング」を実践する自然人でもある。

cafeblo092711f.jpgシェラトン・ケアウホウ マンタレイ・シュノーケリング
www.sheratonkeauhou.jp/act_manta.html
シェラトン・ケアウホウ・ベイ・リゾート&スパでは、ほぼ毎晩、海からやってくる4メートルもの大きなマンタ(オニイトマキエイ)を見られる。オプショナルツアーを利用すれば、夜の海でマンタと泳ぐこともできる。マンタが出現しなかった場合は、振替も可能。

cafeblo092711g.jpgマウナ・ラニ・ベイ・ホテル&バンガローズ
www.maunalani.com
世界3大パワースポットの一つ「マウナ・ラニ」にあるリゾート。「カラフイプアア・フィッシュポンド」と呼ばれる古代の養殖場は、特にパワーが強く、生命力を回復し、精神を癒す場所として尊ばれてきたそう。太陽と空、風を感じながら体験できる「溶岩サウナ」は、ハワイ島ならでは。

cafeblo092711i.jpgワイピオ・オン・ホースバック
www.waipioonhorseback.com/japanese.html
神聖な王の谷「ワイピオ渓谷」を乗馬で回り、太古のハワイから続く伝統や生活を満喫できるツアー。ハワイ島に来た瞬間、引き寄せられるように移住したというゴールデン文子さんが日本語窓口を担当。バケーション・レンタルをはじめ、ハワイ島観光・滞在に関するさまざまな相談に乗ってくれる。

cafeblo092711e.jpgヒロ在住の個人ガイド、Izumi Fumikoさん
evolutionescape.tripod.com
私が取材目的や意図を伝えると、完璧なアレンジをしてくれた。夜のハレマウマウ火口や、流れたてのホカホカ溶岩台地、プウホヌア・オ・ホナウナウ国立公園など、他のツアーではなかなか回れない場所にも案内してくれる。


cafeblo092711a.jpgHuggo’s
www.huggos.com
料理長は日系三世のLaine Uchida氏。ハワイ産の食材や、醤油や豆腐などもふんだんに取り入れたインターナショナルな料理を出してくれる。海岸沿いにあり、夕陽を見ながら食事ができるレストランとしても有名。


cafeblo092711k.jpgアンジェラ・ハートフィールドさん
www.angelahartfield.com
天使のオラクルカードの作者としても有名なドリーン・バーチュー氏の右腕とも言われるアンジェラ・ハートフィールド氏。日本でもセミナーや講演活動をしています。さまざまな悩みや疑問に対し、エンジェルからのメッセージを伝えてくれます。私自身もカウンセリングしてもらい勇気づけてもらいました。

番外編 本当の自分に出会う旅・ハワイ島

cafeblo_hawaii.jpg

ニューヨーク・マンハッタン島

この、幅4キロ、長さ20キロほどの南北に細い小さな島に、世界各国の人種が集い、経済、金融、食、アート、ファッション、スポーツ、エンタテインメントなど、ありとあらゆる分野の最高峰が集結している、パワーにあふれた場所

そして、ニューヨークから一番遠いアメリカ国内、ハワイ島

今なお活発に活動を続ける火山、4000メートル級の山、広大な牧草地…11種類もの気候帯がひとつの島に存在し、地球の全てがここにあると言われ、島中がパワースポットと言ってもいいくらい、エネルギーに満ちた場所

マンハッタン島とは何もかもが違うハワイ島の旅の中から、私たちが忘れてしまっていたかもしれない本来の姿や暮らし方を探してみました

そして、『ホリスティック・ヘルス・コーチ太田あやのニューヨークスタイル・クレンジング』の番外編として『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』をお送りします。

・・・・・

「気づく」「手放す」「満たす」という3つの大きなカテゴリに分けて、ハワイ島で出会う自然や人、ものを紹介していきます。

cafeblo_hawaii1.jpgChapter 1:気づく
ハワイ島の自然に抱かれ、自分の中の不要なもの、心や体の違和感に気づく。
南国はやっぱりコーヒー!ローカル・フードのパワー
宇宙に一番近いパワースポットで、人間の小ささを思い知る



cafeblo_hawaii2.jpgChapter2: 手放す
体の中の不要なもの、心のネガティブな感情などを、いつもと違うことをしながら、押し流していく。
溶岩サウナで体の芯からデトックス
空からしか味わえない、圧倒される大自然に涙
「女神は本当にいるんだな…」と実感した出来事

cafeblo_hawaii3.jpgChapter3: 満たす
だんだんクリアになってきた心と体に、自然の愛にあふれたものを満たしていく。
お肌にも、食べられるクオリティのもので愛情を注ぐ
太陽・風・大地・海が作る自然エネルギーで心と体を充電
たくさん笑って、たくさん泣いて…


<取材協力先リスト>
<取材協力先リスト>ハワイ島のパワーパーソンたち


(企画・取材・執筆:太田あや BIO ARTS NYC, INC,/ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラー)

★「癒しのハワイ島」
全米最大級の邦字媒体『U.S.Frontline』でもハワイ島特集を執筆しました。
オンラインで読めますので、こちらもぜひご覧ください

2011年09月20日

たくさん笑って、たくさん泣いて…

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。
番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』をお送りしています。

たくさん笑って、たくさん泣いて…

ハワイ島の自然や人々に触れる中で、「気づく」「手放す」「満たす」ことは、順番に起きるのではなくて、次々に絡み合うように起こったように思います。

当に私はたくさんのパワーをもらい、大切なことをいっぱい気づかされました。

大自然の偉大さ、自然と共生することの大切さ。

高度に発展した現代社会で、私たちが忘れてしまっていたかもしれない大切なものを、ハワイ島で思い出しました。東日本大震災で打撃を受けた日本人にとって、癒しと不思議な共感を抱かせてくれる島だと思います。

人と人との絆。
ツアーガイドさんたちはもちろん、ホテルやレストラン、観光地で出会ったすべての人たちが、温かく接してくれました。
こんなにすばらしい自然に囲まれて暮らしていると人の気持ちもやさしくなるのかもしれない、と感じました。

宇宙の一部である自分。
日常生活はストレスや悩みであふれているけれど、それが起こるべくして起こっているということ。がんばりすぎず、宇宙の流れにまかせて、毎日を丁寧に生きていきたいと思えたこと。

自分の人生の中で、間違いなくターニングポイントになった旅だったと思います。
cafeblo092011.jpg

硬い溶岩を砕くオヒア&レフア(写真提供:ハワイ州観光局)

●ハワイ50選
これを参考に廻りましたが、本当にすばらしい場所が選出されています

2011年09月13日

宇宙に一番近いパワースポットで、人間の小ささを思い知る

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。
番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』をお送りしています。

ハワイ語で「白い山」という意味を持つ、ハワイ最高峰の山・マウナケア。

標高4205メートルもあり、冬には山頂付近が雪で覆われます。ハワイ島には世界の11の気候帯が存在すると言いますが、極端なことを言えば、一日でスキーもサーフィンも可能なんですね。本当にすごい島です。

山頂付近から夕陽と星を見るツアーに参加しました。
4205メートルもある山なのに、山頂には日本のすばる天文台ほか、世界各国の天文台があり、ギリギリまで車で上れるため、あまり歩かないツアーです。

まずは、標高2800メートルの「オニヅカ・ビジター・センター」に到着、お弁当とお味噌汁をいただきながら薄い酸素に体を慣らします。そこで、防寒着を着込み、一気に山頂まで車で上がっていくのです。

パワースポットだらけのハワイ島ですが、マウナケアも古代から強力なパワーが宿る神聖な場所と信じられており、山頂には祭壇が設けられています。

山頂の祭壇は、鑑賞ポイントからは少し離れた場所にあり、数十メートルの階段を歩いて登らなくてはいけません。

平地に比べて気圧は3分の2、酸素量は約40%しかなく、少し歩くだけも体が重く、頭が朦朧としてきます。

永遠に続くかのように感じたその瞬間、目の前に広がる神々しい景色!

360度、視界に映るのは雲の海とそこから頭をのぞかせる山々。真っ赤な光の中で、長く伸びる自分の影が、山を抜け、雲の方へ向かっています。
cafeblo091311a.jpg

「天国ってこんなところなんだろうなあ」…と、朦朧とした頭で考えていると、「ひょっとして今天国に来ちゃったのかな」という気分にもなります。

雲の海に沈んでいく夕陽を見つめていると、息苦しさや朦朧とした意識も手伝ったのか、思わず声を出してむせび泣いてしまいました。

夕陽が沈んだ後の余韻も満喫した後、今度は、山頂を少し降りた場所で、星空を鑑賞します。

奇しくもこの日は新月で、漆黒の闇に信じられないほどたくさんの星が浮かび上がっていました。

山頂近くで見ているためでしょう、視界のほぼ真横まで星が見え、だんだん自分と星空の境目が分からなくなるような錯覚に陥いりました。
cafeblo091311c.jpg

(c)Shinya/Masashi's Nature School

人間の存在がいかに小さいか、そして、人間も宇宙の一部であることに、改めて気づかされました。


●Masashi's Nature School

cafeblo091311d.jpgこの雄大な景色を見せてくれたのは「Masashi's Nature School
こちらは名物ガイドの山本茂さん。これまで2500回以上マウナケアに登っているというベテランです。溶岩洞窟のある土地にログハウスを建て、ハワイ島特産の食材を100%自家発電エネルギーで料理するという「グリーン・リビング」を実践する自然人です。

山本さんは以前ニューヨークで和太鼓パフォーマーとして活躍されていて、奥様と私は同じニューヨーク大学の学部出身…という不思議なご縁があり…。このすばらしいログハウスにお招きいただき、ハワイ食材たっぷりのお食事をごちそうになりました!

●ハワイ50選
宇宙とつながるハワイ最高峰「マウナケア」はハワイ50選にも選出されています

2011年07月26日

「女神は本当にいるんだな…」と実感した出来事

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。
番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』をお送りしています。


ハワイ島観光のハイライト、世界で最も激しく活動を続けるのキラウエア火山。

cafeblo072611a.jpg数々の神話が残るハワイ島ですが、ハレマウマウ火口には、火山を司る女神ペレが住んでいると言われ、今でも祈りや踊り、レイなどが捧げられています。

女神ペレは「嫉妬深く負けず嫌い」「自分の思うとおりにならないと火山の怒りを爆発させる」などと言われ、度重なる噴火はペレの怒りと言われています。一方で、優しさや慈悲深さも併せ持ち、激しさと優しさの両面を持つ女神だと言われています。


私は女神ペレの魅力に取り憑かれてしまったのでしょうか、ハワイ島に滞在した1週間で何度となくハレマウマウ火口に訪れることになったのです。

そして「やっぱり女神ペレはいるんだ」と実感する出来事に遭遇します。

…それは、「何度もチャンスがあったのに、(使える)火口の写真が1枚も撮れなかったこと」なのです。


はじめは「パワースポット大巡礼」(下記)というツアーの取材をしたときのこと。

いざ火口を目の当たりにして、さぁ写真を撮ろうという瞬間に、カメラのバッテリーが切れてしまいます。取材なのでカメラのバッテリーが切れてしまって焦ったのですが仕方ない。「まだ火口の写真を撮れるチャンスはあるし…」と諦めます。


次はヘリコプターのツアーでのこと。
この時は火口付近の天候が不順で、火口方面へ行くツアーがキャンセルに。ワイコロア渓谷方面だけに行くツアーの取材になってしまいます。


取材日程も中盤になってきて、だんだん焦ってきます…。

そして、滞在5日目に、アンジェラ・ハートフィールドさんというエンジェル・リーディングをしてくれるスピリチュアル・カウンセラー(下記)にお会いしたのですが、そのときに、彼女に「どうも、女神ペレに受け入れてもらっていないような気がするんだけど…」と相談しました。

するとアンジェラさんは、彼女の部屋の壁に掛かっている女神ペレの絵を見つめながら「女神ペレは、あなたに写真を撮られたくないと言っている」と言うのです。つまり、女神ペレは「最近、心ない人々がハワイ島に押し寄せて、ハワイ島の自然を破壊していることを危惧していて、私が撮影する写真は私のために撮っているのではなく、より多くの人の目に触れるので、撮られたくないのだ…」と言うのです。


次に火口付近へ行ったのは、日が暮れてから出かけた「ハワイ火山国立公園ビジター・センター」。漆黒の大地に浮かび上がる溶岩は、この世のものとは思えない神秘的な赤色を放っています。ものすごく美しくて、思わず涙がこぼれるほどで、この美しさを写真に納めようとカメラを構えますが、やはり、カメラの設定がまずいのか暗すぎるのか、どうしてもシャッターが押せません。かろうじてシャッターを切れても、ぼんやり焦点が合っておらず、とても掲載できる写真ではありません。


そして、ハワイ島滞在最終日。
先日、ヘリコプター・ツアーが天候不順で火口付近へ行けなかったので、再度、ヘリコプターのツアーに搭乗することに。この日は、何とか火口付近へは行けたのですが、やはり天候や噴火状況の関係で、女神ペレが住むというハレマウマウ火口には近づけないのです。

しかし、別の、プウオウオウと呼ばれる火口には近づけて、今度はばっちり写真を撮れたのですが、ニューヨークに戻って、写真をパソコンに転送する段階でトラブルがあって、写真が消えてしまいます


…とまぁ、こんな具合で、一枚も火口付近の写真がない…という結果に。

…とても不思議ですが、でも、こんなに写真が撮れなかったことを思うと、やっぱり女神ペレはいるのだと思わざるを得ませんでした。

ちょっとスピリチュアルな話題ですが、ホリスティック・ヘルスでは、「スピリチュアリティ(心を穏やかにする精神的な活動)」は、バランスのとれた食事よりも大事と考えます。

ハワイ島パワーのおかげでしょうか、直観力がとぎすまされて来たような気がしました。


●アンジェラ・ハートフィールドさん
cafeblo072611b.jpg天使のオラクルカードの作者としても有名なドリーン・バーチュー氏の右腕とも言われるアンジェラ・ハートフィールド氏。日本でもセミナーや講演活動をしています。ハワイ島にやってきた瞬間に「ここに住むべきだ」とひらめいて移住してきたとか。さまざまな悩みや疑問に対し、エンジェルからのメッセージを伝えてくれます。私自身もカウンセリングしてもらい勇気づけてもらいました。





●パワースポット大巡礼
www.hawaii88.com
人気パワーガイド・ポハク西田さんが、1日でハワイ島のパワースポットをぐるりと廻ってくれるツアー。古代神殿や大秘境ポロル渓谷、溶岩台地での溶岩浴など、盛りだくさんの一日です。

●ハワイ50選
ハワイ火山国立公園は「ハワイ50選」にも選ばれています。
私がどうしても撮影できなかった写真(!)はこちらでお楽しみください

2011年07月23日

空からしか味わえない、圧倒される大自然に涙

ホリスティック・ヘルス・コーチ&カウンセラーの太田あやです。
番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』をお送りしています。

そもそも、私がハワイ島への旅に出かけたのは、東日本大震災が起こったからでもあるのです。もともと、このタイミングで旅行したいと計画していたものの、目的地にハワイ島を選んだのは、大自然の偉大さ、驚異、畏れ…といったものを、改めて感じることができれば…と思ったからです。私たちは、高度に発展した現代社会の中で、自然を愛し敬う気持ちが薄れていたのではないか…と。

ハワイ島の圧倒的な大自然を満喫できる方法…そのひとつがヘリコプター・ツアーです。

…これは想像を絶する体験でした。
cafeble072211a.jpg


正直、ヘリコプター・ツアーは決して安いとは言えないお値段ではありますが、「ハワイ島を訪れる人には、全員体験してほしい!」と思うほどの感動でした。

島の北の方にあるコハラ山には、まさに秘境と呼ぶのにふさわしい場所がいくつもあります。その切り立った断崖絶壁には1000メートル級の滝がいくつもあるのですが、「ぶつかる〜」と悲鳴を上げてしまうほどぎゅーーーっと近寄ってくれたり、U字になっている山の尾根をふわ〜りと飛び越えてくれたりするのです。

断崖から海岸に向かって飛んだときは、視界いっぱいに海が広がり、人生で初めて見る雄大な景色に、うるうるしてしまいました。

強力なマナ(パワー)に満ちた神聖な王の谷「ワイピオ渓谷」は、パワースポットとしても知られた場所ですが、この谷の上空も飛んでくれます。上空から見る王の谷は格別です。

キラウエア火山方面に行ってくれるツアーもありますが、火口から吹き出る溶岩をこんなに間近に見ることができるのは、ヘリツアーならでは。キラウエア火山にはペレという名の女神が住んでいると言われますが、火口からわき出る溶岩は、女神が踊っているようにも見えるのです。

この溶岩の美しさとパワーに魅せられてしまって、涙腺が緩んでしまい、涙がボロボロこぼれました。


この大感動を体験させてくれたのは、日本人パイロットの望月トシさん。

cafeble072211.jpgオレゴンで飛行訓練を積み、カリフォルニアでは教官も務め、ハワイ島でのパイロット歴は13年という大ベテラン。

ハワイ島に住もうなんて考えたこともなかったのに、ハワイ島の大自然のすばらしさにガツンと頭を殴られたような感覚を覚え、ハワイ島に移り住んだそう。

このトシさんが、ガイドをしながら操縦をしてくれるのですが、もう、それはそれはドラマチックに演出してくれるのです。音楽やトークで盛り上げてくれて、一緒に乗っているお客さんとまるでクルーのような一体感を作ってくれます。

ガイドは基本は英語なのですが、乗客に日本人がいるときは、要所要所で日本語で解説を入れてくれるそうです。

私は、トシさんがぽつりと「東日本大震災もありましたが…。ね、人間は大自然にはかなわないですよね」と言ったときに、ボロボロボロッと涙が出ました。そして最後に「これがハワイ島です。ハワイ島へようこそ」と。

「ハワイ島に行く人全てに体験してほしい!」と思うヘリツアーですが、できれば「お客様の笑顔が燃料」というトシさんの操縦なら、より感動が深まるのではないか…と思います。

最近、何かに感動して涙を流したこと、ありますか?
どんな涙でも涙を流す…というのは、感情のデトックスにはとてもいいんです。
つらいとき、悲しいとき、うれしいとき…強がらず、我慢しすぎず、素直に涙を流せる自分でいたいなあと思います。


●ブルーハワイアン・ヘリコプターズ 日本語公式サイト
www.bluehawaiian.aloha-breeze.com

●ヘリで見られる絶景は『ハワイ50選』にも選ばれています
ハワイ火山国立公園
コハラ・コースト
ワイピオ渓谷

2011年07月13日

お肌にも、食べられるクオリティのもので愛情を注ぐ

ホリスティック・ヘルス・コーチの太田あやです。
番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』をお送りしています。

先日、『Hawaiian Island Retreat』の紹介をしましたが、今日はここで体験したマッサージについて紹介します。

この施設は「Ahu Pohaku Ho’omaluhia」と呼ばれる、古くから伝わる神聖な土地に作られており、不思議なパワーを持つ岩や、石で作られた舞台などが残っています。

そして、オーナーがこの土地を見つける前から(オーナーによると、土地が自分たちを見つけてくれた…と言っていましたが)、この写真のようにメディスン・プラント(薬効のある植物)が多く植えられ、石で丸く囲まれていたそうなのです。
cafeblo071311a.jpg

その中に、ハワイ固有の「ククイ」というナッツがあり、これをオーブンで焼いて、砕いて取り出した中身を絞って作った、ハンドメイドのオイルを使ったマッサージがあります。

ハワイ島初日に、この施設に泊まったのですが、出発前日からの徹夜、早朝出発、長時間フライト(12時間以上+乗り換え)、6時間の時差、慣れない車の運転、慣れない土地で道に迷う…などでヘトヘトに疲れ切っていたのですが、信じられないほどの回復をしました。

神聖な土地のパワーをふんだんに取り込んだナッツ、丁寧に手作りするオイル、そして、セラピストのレニーさんによる、心のこもったマッサージ……元気にならないはずがないですよね。

cafeblo071311c.jpgレニーさんは「生まれながらにセラピスト」と言ってもいいような女性で、人の体に触れていると、どこが癒しを求めているか分かるのだそうです。時々、呪文のような祈りのような言葉をつぶやいて、体や心に働きかけてくれます。

ハワイのロミロミというマッサージも取り入れて、レニーさんオリジナルのマッサージをしてくれるだけでなく、一人一人違うセッションになるのだそう。

このようなマッサージ・セラピーをいつも受けることは難しいですが、せめて、お肌が喜ぶようなスキンケアを使って、お肌もいたわってあげたいですね。

私は、なるべく自然のもの、できるだけ食べ物と同じクオリティのものを使うように心がけています(むしろ、食品を使っていると言ってもいいかも…)。

経皮毒と言って、化粧品やシャンプー、日用品を通して、さまざまなケミカルが肌から吸収されます。特に、頭皮やあごなど毛穴の多いところからは、多く吸収されてしまうからです。

お肌も内臓とつながった一枚の皮ですから、食べ物と同じくらい気を遣いたいですね〜。

2011年07月06日

太陽・風・大地・海が作る自然エネルギーで心と体を充電

ホリスティック・ヘルス・コーチの太田あやです。
番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』をお送りしています。

東日本大震災で私たちは大きな打撃を受けましたが、改めて日本人の底力を実感しています。

サマータイム導入や休日出勤などワークスタイルの変化、さまざまな節電グッズの開発……本格的な夏に向けて、日本人が一丸となって節電に取り組んでいる状況は、感動的ですらあります。日本人が創り出すライフスタイルやアイデア、技術は、世界に広がり、動かしていくのではないかと思います。

さて、ハワイは、日本や世界各国の島々同様に石油に大きく依存しており、アメリカ国内でも最も電気料金が高い地域でもあります。

しかし、ハワイには、太陽光、 風、地熱、海洋エネルギーなど、さまざまな自然エネルギーがあふれていることから、早くからクリーンエネルギー関連プロジェクトのモデル地域に選ばれ、イニシアチブを取ってきたのです。

そのような背景から、ハワイにはさまざまな「Earth-Friendly(地球にやさしい)」施設があるのですが、エネルギー・食料自給率が80%というリトリートを訪れましたので、その取り組みを紹介したいと思います。

●50エーカーに及ぶ土地には、オーガニック野菜農園や南国フルーツの果樹園があり、ほとんどの食料を生産している。
cafeblo070611a.jpg


太陽光発電、風力発電で全ての電力をまかなっている。

●建物は、コハラ・コーストから吹く風を取り入れるように設計されていて、換気や天井の扇風機で温度を快適に保っているため、冷房・暖房使用を極力抑えている。

日中は自然光を取り入れるように設計されていて、夜は電力消費量の少ない灯りを使用している。

●庭にあるプールは、屋根からの雨水を取り入れるように設計されている。
cafeblo070611b.jpg


●トイレ、シャワー、スパなどの水回りの設備は、水を節約する特殊な作りになっている。

●ゲストルームは毎日掃除するけれど、リネン類は4日ごとに交換し、洗濯で使用する水や電気、プロパンガスの節約に貢献している。

●床材には、「タイガーウッド」という、天然森林への影響が少ないサステナブルな環境で育てられた木材を使っている。

●ガーデニングやクッキングクラスを常時開催していて、宿泊客が、どうすればシンプルに食材を育て、料理することができるかを教えている。

コンポストで、生ゴミや紙ゴミを土に戻している。

●宿泊客用に、何度も使える水筒を用意していて、浄化水を入れて飲むことができる。

●シャンプーやコンディショナーなどは全てオーガニック。有害な化学物質や香料が入ったものは一切使わない

●オリジナルのスパ製品のパッケージは最低限で、リサイクル可能な素材を使っている。

●ゲストルームには、サステナブルで自給自足な暮らしのアイデアが紹介されている。


…太陽や風、大地、海など自然と調和したライフスタイルは、本当に居心地がよく、ずっとこの場所にいたいと思ってしまったほどでした。

この施設にはハワイ島到着初日に宿泊しました。

出発前日からの徹夜、早朝出発、長時間フライト、時差、慣れない車の運転……でヘトヘトに疲れ切っていたのですが、ものの数時間で癒されて、リラックスしました。

この施設はとても神秘的でスピリチュアルな土地に建てられているので、その癒しのパワーのおかげだもあるのかもしれません。



cafeblo070611c.jpg<Hawaii Island Retreat>
http://hawaiiislandretreat.com/home
なんと、山羊や牛などの家畜も育てています!生まれたばかりの7匹の山羊の赤ちゃんにミルクをあげるところを見せていただきました。写真の女性がオーナーです。




2011年06月30日

溶岩サウナで体の芯からデトックス

ホリスティック・ヘルス・コーチの太田あやです。
番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』をお送りしています。

ハワイ島には、世界で一番活発に活動する火山があります…というより、島全体が5つの火山で形成されているのですが、そのうち北部にあるコハラ山だけが死火山なのだそうです。つまり、島そのものが活発な火山活動をしており、あちこちで溶岩に覆われた土地を見ることができます。

地球の内側から吹き出してくる溶岩には、信じられないほど強い熱やエネルギーがあります。また、遠赤外線やマイナスイオンなどの効果により、とてもパワフルな解毒効果があると言われています。

そこで、「溶岩サウナ(Lava Sauna)」というハワイ島独特の体験をしてきました。

サウナ…と言っても、室内ではありません。

ハワイ固有の熱帯植物が咲き乱れる美しい庭の中に、溶岩で作った円筒状のスペース、それが天然の溶岩サウナです。直射日光が当たり、溶岩そのものが温まっています。

広さは6畳くらいで、プライベートなスペース。

中に入って、全裸になって、火山灰と泥でできたペーストを、自分で全身に塗りたくって、溶岩の上に座ったり横になったりしながら、小一時間ほど過ごします。

時間になると、係の人が外から声をかけてくれて、屋外のレイン・シャワーで、体のペーストを落として、ボディオイルで体を潤して完了です。
cafeblo062911a.jpg

(写真提供:Mauna Lani Bay)

私はあまり汗をかかなかったので、「こんなのでいいのかな?」と思いながら過ごしていたのですが…。

なんと、サウナが終わった後、ものすごい排泄が…!

朝、ちゃんと大きい方をしたにも関わらず、ビックリするほどの量が出ました。サウナにいる間中、レモン水で水分を補給していることもありますが、尿もたくさん出ました。

きれいな話じゃなくて申し訳ないのですが…(苦笑)。体内からの毒素は、75%が便から排泄されます。次に尿が20%、汗が3%、毛髪やツメから1%程度です。つまり、排便・排尿を促すことで、毒素が出る訳なんですね。

サウナの前に、ハワイ式マッサージ「ロミロミ」をしてもらったのもよかったのかもしれませんが、この効果にはビックリしました。

全裸で太陽の光や風を感じるだけでも、ものすごい開放感で、ネガティブな感情もクリアになった気分。火山灰と泥のペーストでお肌もしっとりして、本当に気持ちよかったです。

この溶岩サウナを体験したのは、「マウナ・ラニ・ベイ(Mauna Lani Bay)」というリゾート・ホテル。マウナ・ラニというエリアは世界3大パワースポットのひとつ

「カラフイプアア・フィッシュポンド(Kalahuipuaa Fishponds)」と呼ばれる、古代の養殖場がありますが、特にこの辺りのパワーが強いらしく、生命力を回復し、精神を癒す場所として尊ばれてきたそうです。
cafeblo062911b.jpg

(写真提供:Mauna Lani Bay)

歩いているだけでも本当に気持ちよくて、癒されました。



●参考
マウナ・ラニ・ベイ(日本語ウェブサイト)
マウナ・ラニのあるコハラ・コーストは「ハワイ50選」にも選ばれています

2011年06月22日

南国はやっぱりコーヒー!ローカル・フードのパワー

ホリスティック・ヘルス・コーチの太田あやです。
番外編『本当の自分に出会う旅・ハワイ島』をお送りしています。

ハワイ島には「コナ・コーヒー」という有名なコーヒーがあります。
この島特有の自然条件に恵まれたコナ地区で栽培されるコーヒーは、ブルーマウンテン、キリマンジャロと並ぶ世界三大コーヒーと言われ、アメリカ大統領晩餐会でも飲まれるコーヒーなんだそうです。
cafeblo062211.jpg

(写真提供:ハワイ州観光局)


実は、私はふだんコーヒーや緑茶など、カフェインの入った飲料をほとんど飲みません。

日本でビジネスウーマンだった時には、まるで水のように、1日何杯もコーヒーを飲んでいたものですが、ニューヨークに来て、健康上の理由から控えめに飲むようになったのです。そして、カフェインを取らなくなると、カフェインを取ったときの効果がすごくて…うっかり夜に飲んでしまうと、朝の6時くらいまで目が冴えて眠れなくなってしまうほどです。

でも、コーヒーにしても緑茶にしても、さまざまな健康効果が知られていますし、香りや味もよくリラックス効果がありますので、タイミングと量を考えて、良質のものを時々楽しむようにしています。

ホリスティック・ヘルスでは「人は一人一人違う(Bio Individuality)」という考え方がありますが、それぞれに合った飲み方を楽しむのがよいと思います。

さて、ふだんは適度に楽しむようにしているコーヒーですが、ハワイ島にいる間は、毎日のように、しかも数回飲んでも、全く睡眠や体に影響がなかったので、とても驚きました。

影響がない…というよりむしろ、集中力が増す、消化を整える、リラックス効果、体の熱を冷ます…などの、たくさんの効果を実感できました。

私の連載では、地元産(ローカル)の食材を取り入れるベネフィットについて、よくお伝えしています。地元でとれた食材は新鮮で味も栄養価も高く、輸送コストがかからないため地球環境にもよい…という利点があります。

コーヒーなど南国産の食材は、一般的に体を冷やす陰の性質がありますので、やはり、ハワイに滞在中はコーヒーは体に合うのだと思います。

特にコナ・コーヒーは、火山性の大地で太陽の光や雨…などハワイ島の大自然に育まれ、、厳しい品質管理のもと丁寧に生産されています。パワーを与えてくれる理由がここにあるのですね。


●参考
コナ・コーヒーは「ハワイ50選」にも選ばれています


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。